about Ragdoll


1960年代アメリカのカリフォルニアでアン・ベイカー女史によって作られました。

 

その性格は温和でのんびりとしています。 とてもフレンドリーで、人間の後をついて回ったりすることも。

ラグドールはおとなしいというイメージがありますが、子ネコ時代は元気に走り回っています。

大人になるにしたがって落ち着いていきます。

体はずっしりとして、重いです。女の子は3~5キロ、男の子は5~8キロぐらいになります。

個体差があるので3キロに満たない子も8キロを越える子もいます、去勢したオスやメスは、体重が増加する傾向があります。

 

Ragdollの瞳の色は、ブルーのみです。

 

毛質はシルキーで、長毛種の中ではお手入れの楽な部類に入ります。


 

ラグドールのパターンとカラー


ラグドールには大まかにはバイカラー、ミデット、ポイントの3つのパターンが存在します。
上記のパターンにしましまが現れているリンクス(タビー)

女の子のみのパターンであるトーティ(三毛)があります。


バイカラーは逆V字型の模様が顔に入っています。

ミテッドは顔の中心に色がついていて、白い手袋と靴下をはいています。

ポイントはミテッドと同じように顔の中心に色がついていますが、手と足先に色がついています。



 ラグドールのカラーは

シールとブルー

チョコレートとライラック

レッドとクリーム



ラグドールはゆっくり成長する猫種です。

身体が完全にできあがるまで4~5年、カラーが完全にでるまで2年はかかるといわれています。
 仔猫の時はもちろん、大人になってからは一層魅力的になるのがラグドールです。